CATEGORY 黒髪

エロ漫画無料サンプル 廃課金Gカップ主婦が返済しながら牝堕ちするまで 下巻

「香織さん…もうすぐ40歳には見えない美貌、Gカップの隠れ巨乳、あなたは十年に一度の逸材だ…!」
私は香織、39歳の専業主婦。十年前結婚した夫と穏やかに暮らしている。
なのに私は夫に内緒で課金制のアプリゲームになんかハマってしまい400万円の借金をしてしまった。
そこで最近見つけた高額アルバイトの求人広告に応募し、そして気が付いたら…こんな素人エロ動画に出演することに!
しかも状況はエスカレートしてSEXまで発展!
私は自分より十歳以上も若いこの園田という男にどんどんそそのかされ…あんなことや!こんなこと!
ヤッてヤラれて…ヤラレまくりのヤリまくり!そして…まさか最後私が…あんなことになるなんて!

※本作品は原作者の協力により制作しました。

エロ漫画無料サンプル ダウナー系低音ボイスの事務的で塩対応な巨乳メイド結菜ちゃん 〜本指名常連のご主人様限定裏オプ編〜

■あらすじ

耳舐めメイドリフレにハマったあなた
特にクールでダウナー系ボイスの結菜ちゃんがお気に入り

指名し続けても、相変わらず事務的で塩対応
だけど耳舐めご奉仕はいつもがっつりぐっぽり濃厚で丁寧
そんなギャップが魅力の結菜ちゃん

ある日、珍しく結菜ちゃんの方からお誘いが……!?

しかも裏オプのお誘い……あなたはすぐお店へ向かいます!

■本指名しているメイドさん

結菜 (19) CV:餅梨あむ様
T155cm B89cm(Fカップ) W57cm H86cm

■プロフィール
チャームポイント:長い舌と巨乳

趣味:読書

性格:クールで大人びている

あなたのこと:一番常連のご主人様
いつも淡々とご奉仕している自分を気に入ってくれて、
毎回指名してくれるのでとてもありがたい

■トラックリスト

・トラック1.裏オプのお誘い(05:18)
いつものようにダウナー系巨乳美少女の結菜ちゃんを指名
言われた通り80分コースで入ります
’裏オプ’をお願いして、早速ご奉仕が始まります

・トラック2.濃厚ベロチューと手コキ(34:51)
まずはキスから……がっつりベロチューをしてくれます
特別におさわりも自由なので巨乳を揉みながら、手コキでヌいてくれます

・トラック3.フェラ奉仕(19:00)
相変わらず超クールな結菜ちゃんですがご奉仕は丁寧
しっかりお口で濃厚フェラでおしゃぶりしてくれます

・トラック4.たっぷり耳舐め(29:20)
いつものように自慢の長い舌で耳舐め
低音ダウナーボイスでささやき&ねっとり耳舐めをご堪能ください

・5トラック5.お別れのチュー(03:15)
今日は特別ご奉仕だったので、最後にキスをしてくれます
また遊びに来てくださいねと言って、ほんの少しだけ微笑む結菜ちゃん

・トラック6.おまけ_チップを渡す(01:25)
裏オプを楽しんだお礼にチップをあげると結菜ちゃんは驚いた様子
ただあなたの気づかいが嬉しかったようで喜んでくれます

・CVの餅梨あむ様 フリートーク(03:59)

○本編合計:1時間33分10秒

・MP3版同梱

※本作品はバイノーラル録音ですので、ヘッドホン等でのご視聴をお勧めいたします

■購入者特典☆えっちな差分イラストをプレゼント
PC壁紙サイズのジャケットイラスト同梱

・高画質ロゴ付きジャケットイラスト(1920×1080)
マスクあり&なし
計2枚

・高画質ジャケット18禁版含む差分イラスト(1920×1080)
マスクありなし
胸の露出2パターン
計6枚

■キャスト・スタッフ等
声優:餅梨あむ様

イラスト・タイトルロゴ・販促画像制作:niko様

効果音制作:VoiceBloom様

企画・編集・シナリオ:神崎美宙

エロ漫画無料サンプル 僕と瑞沢さんのあのこと!

男●●●●の椎名真斗はある日、下校中におじさんから
言い寄られているクラスメイト瑞沢小春を発見し、ナンパから救出、、、したつもりだったが
それはただんの勘違いで彼女の「お客さん」を追い返してしまった。
お客さんの代わりに商品を買うと申し出るがそれが誤解の始まりだった…

——————–
作者・くそ〇キ

エロ漫画無料サンプル 隣の清楚系合法JKに痴女られて

隣人の普段は清楚でいい娘な女子校生の佐藤さん。
ある時主人公の佐々木のもとに佐藤さんが助けを乞いに
部屋に行って虫を代わりに退治してあげるとお礼にあんなことや
こんなことまで…
普段の清楚な佐藤さんとのギャップに主人公もたじたじに…!

本編+陰毛差分+おまけ

エロ漫画無料サンプル 付き合ってる事を内緒にしてたら親友に彼女を寝取られてたお話

周囲に内緒で付き合っていた智行とはるか。
それを知らずにはるかの相談に乗っていた祐二は、はるかを自室へ招き入れる。
彼氏持ちの女の子を寝取る事を趣味としていた祐二の見せかけの優しさに、
はるかは徐々に祐二のペースに乗せられていく。
祐二はその模様を何の悪意も無く動画にして親友の智行に送った。
そこに映っていたのは、彼氏以外の男に痴態を晒すはるかの姿だった。

「誰も見てないのは何も無かったのと同じだよ」

弱っている女の子に優しくして寝取っちゃうお話です。
彼氏の事しか考えられない子が快楽に堕ちて行っちゃう模様をお楽しみください。

作者 フジミヤ子龍
ツイッター @siryupic

エロ漫画無料サンプル 僕の幼馴染はいじめられっ子(マンガ版)

※同名タイトルのコミック版です。
ヒロインの外見、その他細部の設定においてノベル版と異なる箇所があります。

僕はクラスで目立たない存在だ。
休み時間はいつも読書をして過ごしている。
そんなある昼休みのこと。
俺はいつものように本を読んでいたのだが……何やら教室が騒がしい。
「きゃはは! こいつすっげー暗い顔だな!」
「おい、もっと笑ってみろよ」
「…………」
「あれ? どうしたのかなぁ?」
「無視かよ、つまらん奴め」
クラスメイトたちの声に目を向けると、そこには数人の女子生徒がいた。
いわゆる不良グループというやつだ。
彼女たちは一人の女子生徒を囲んでいる。
(真里ちゃん……。大丈夫かな……)
その中心にいる少女の名は朝倉真里。
俺と同じクラスであり、俺の幼馴染でもある。
彼女は肩口で切りそろえられた黒髪がよく似合う寡黙な女の子だ。
不良グループから見れば、確かに暗くてつまらない奴に見えるだろう。
だがそれは違う。
真里ちゃんはとても優しい子なのだ。
困っている人がいれば手を差し伸べるし、迷子の●●がいれば親を探してあげるような心の持ち主だ。
ちゃんと見れば可愛いし、俺を始めとしてクラスの男子にも隠れファンは多いはずである。
「ねえ、ちょっと聞きたいんだけどさ」
不良グループのリーダー格らしき女子生徒がそう言うと、真里ちゃんの腕を掴んだ。
「あ……」
「あんたってさぁ、調子に乗ってるよね」
「……え?」
「しらばっくれてもムダ。アタシの彼氏を誘惑しておいてよく言うわ」
リーダー格の少女の言葉を聞いて、周囲の生徒たちの視線が鋭くなる。
「そ、そんなことしていない……。離して……」
真里が抵抗するが、不良少女の方が腕力が強いのだろう。
振りほどけていない。
「いい加減にしなさいよ」
すると今度は別の女生徒が真里ちゃんの髪を掴んで引っ張った。
「痛い……」
「アンタが悪いんだからね? わかってんの?」
「……」
「何とか言えよ」
さらにもう一人、別の少女が真里ちゃんの顔を平手で叩いた。
バシッという音が響く。
「うぅ……」
頬を押さえて涙ぐむ真里ちゃんを見て、俺は動揺する。
他のクラスメイトたちも、何事かと興味深げに見ている。
しかし、止める者はいない。
不良グループに逆らえば何をされるかわかったものではないからだ。
今この場にいるのは不良女子だけなので、ギリギリ何とかできなくもない。
だが、彼女たちのバックには暴走族や半グレ集団といった反社会的勢力がついているという話もあるのだ。
ここで俺が出て行っても余計な火種になるだけだ。
(くそ……何もできないのか?)
俺は歯噛みした。
こんなときに限って担任の教師は不在だ。
真里ちゃんは弱々しくされるがままになっている。
「反省の色が見えないみたいだけどぉ」
「仕方ねぇな」
リーダー格の少女がニヤリと笑う。
そして……。
「じゃあさぁ、みんなに見てもらいましょうか」
「え?」
真里ちゃんが不思議そうな表情を浮かべると、リーダー格の少女は真里ちゃんのスカートを捲り上げたのだった。

エロ漫画無料サンプル メイドさんからお〇んぽお掃除してもらえるお店

旧タイトル:『淫語フェラチオカフェ』

そこは一見普通の喫茶店。
しかし出迎えてくれた女の子は

「わたくしがチンポ係を務めさせていただきます」

と笑顔を見せる。

「おチンポをたっぷりお癒ししますので、好きなだけ私のお口にチンポを突っ込んでください」
「洗ってない生チ〇ポしゃぶれるから、この仕事についたんです」
「〇〇〇〇は女としての喜びなんです」

次々に繰り出される脳が痺れるような淫語。
ねっちょりぐちゅぐちゅとリアルな音が響く中でお掃除からくんくん、〇〇舐めなど変態メイドが繰り広げる世界に誘われる。

ボイス作品、約21分